メインイメージ

必要な印鑑

合同会社の設立に必要な印鑑


合同会社を設立するときに必要な印鑑は原則として2種類あります。まず、出資して社員になる人の分が必要となります。このときには個人の実印が必要になります。

正確に言えば、登記申請をする時点では代表社員となる人の実印があれば良いのですから、代表社員となる人が役所で登録をすれば良いのです。すでに登録されたものがあれば改めて登録する必要はありません。

一人だけで合同会社を設立するのならその人が代表権を持つでしょうから、その人の実印だけあれば良いです。複数の社員がいる場合には、それぞれの社員の氏名と住所を定款に記載しなければなりません。

絶対的記載事項となっていますから、これは必ず必要です。この際に、登録された住所氏名と同じものを記入することが求められますから、結果として社員全員の実印と証明書が必要になると考えておきましょう。ですから、もしも実印を持っていない社員がいれば、すぐにでも作ってもらうようにしましょう。

合同会社を設立するときには、会社としての実印も必要となります。「会社の実印」と言われることもありますし、「代表者印」と呼ばれることもあり、また「法人印」と呼ばれることもあります。合同会社を代表して何らかの取引を行うときに必要となるものです。つまり、契約書に契約書に押す印鑑です。

合同会社を設立すれば、取引するために何らかの契約を行うでしょう。契約を結ぶときには押印が必要になるのが普通です。
この時には代表権を持つ社員が押印するのですが、個人として契約をしているのではなくて会社として契約をすることになります。ですから、当然のことながら個人の実印ではなくて、会社の実印を押すことが必要になります。そのために作成が必要なのです。

合同会社を設立して法人格を取得するだけであれば、これだけで十分ですが、実際に運営をするためには他にもいくつか必要となります。

まず、金融機関に届け出るためのものは必要となります。これは一般的に銀行印と呼ばれています。請求書や納品書などには角印を押すことが多いですから、これも必要となります。

一般的には、法人印、銀行印、角印の3つは最低限必要とされますから、まとめて作っておくのが良いでしょう。それぞれに大きさなどに規格がありますから、指定されたものを購入しなければなりません。一般的な印鑑ショップであれば、規格にあったものをセットで販売していますから、まとめて購入しておくのが良いと考えられます。