メインイメージ

デメリットについて

合同会社設立のデメリットについて


会社設立というのは何らかの目的を持って行うものです。全くの新規の場合には会社を立ち上げるのと同時に新規事業を動かし、会社を軌道に乗せていかなければいけませんので相応にハイリスクな試みです。しかしそれでも事業が上手く行った時に得られる見返りに夢を乗せて毎年多くの人が起業をしています。

一方で個人事業主として既に何らかの事業活動を行っている人が何らかの目的を持って会社を作るというケースも存在しています。

これは個人事業主としてそれなりの規模の取引を出来るようになったり、家族経営の自営業が軌道に乗った時などが考えられます。その目的の一つは何よりも税制上の優遇措置を受けるためであるということが一般的です。

例えば事業を行っていて年間の売り上げが1000万円を超えるようになれば消費税の支払い義務が生じてきます。

それは出は個人間売買であったのが8%の税金が徴収されるようになるのです。

この様な状態で起業をすると、最大で2年間は消費税の支払い免除を受けることが出来るという仕組みがあります。このことにより一定期間だけではありますが、消費税の減免を受けることが出来るのです。

また、自分自身や従業員の給与を経費として売り上げから差し引くこともできるようになります。その結果として支払う税金が安くなるのです。この様な仕組みにより会社設立をした方がメリットが大きいということが発生するのです。

その様なケースで頻繁に選ばれるのが合同会社と呼ばれる会社組織です。合同会社は会社法の改正により近年になって初めて開設が可能になった会社です。

そのため合同会社という名称自体があまり一般的にはなっていません。そのため会社名を聞いた時に取引相手が不審がるという副作用が存在しています。

これが唯一ともいえるデメリットとして一般的です。合同会社自体は株式会社などに比べて規制が緩やかなところがありますし、会社設立に必要な資金も安い傾向にあります。

そのため個人事業主などが会社というものを立ち上げて税制上有利なポジションを作ろうという場合に選択されやすいのです。

合同会社は元々が個人事業や家族経営などを中心としたスモールビジネスに向いていると考えられた会社組織の形の一つです。そのため基本的にはメリットが大きいのです。

有限責任で事業をすることも、支払う税金の減免も受けることが出来ます。合同会社のデメリットというのは、その知名度の低さから低く見られていますという点になります。